白猫プロジェクトファンBlog

白猫の最新情報や攻略情報を分かりやすくまとめていきます。

カテゴリ: コラボ

以前にもTwitterで話した内容も含まれていますが、今回はタイトル通り七つの大罪コラボですごいと思った所をまとめていきます!

コラボだけどセルランが2位まで上昇!
IMG_6252
コラボって好きなマンガ・ゲームなんかとであればもうめちゃくちゃ嬉しいですが、逆に知らないところとだと全く興味が湧かなかったりします。
七つの大罪は少年漫画の大御所ではありますが、やはり七つの大罪は見たことないって方が結構いました。
そんななか前回のガチャのような露骨なぶっ壊れがいないにもかかわらず、セルランが最高2位まで急上昇しました!(スクショ忘れた・・・)
前の「進撃の巨人コラボ」では最高でも4位くらいだったのでどれだけ人気なのかが分かると思います。

セルランの降下が非常に緩やか!
IMG_6254
出だしは良かったものの、3日ほどで急に順位を落としてしまったり・・・ということがよくある白猫ですが、今回のガチャは安定して高水準の売り上げを維持できていそうです!
温泉ガチャから非常に調子が良く、左に見切れているトラベラーガチャとの差が笑

新ガチャなしでもランキングが上昇!
IMG_6254
先ほどの話に続きますが、今回のガチャは高水準を維持しているだけでなく、むしろ順位を上げていた時もありました!
日が経つにつれて順位が下がっていくのが普通で、新武器が出てもなかなか順位が上がらなかった白猫ですが、今回特にガチャを追加したわけでもなく順位が上昇していました!
前日に無料でキャラプレが行われたのでその影響?

DL・アクティブが大幅増加!
IMG_6253
このグラフがDL数とアクティブ数含めた大体の目安となるのですが、
ゲームジャンルでは200位前後から20位前後に、総合では圏外から一気に35位まで上昇していますね!
この上昇ぶりは進撃コラボ以来です!

App Storeに広告&ゴールデンタイムにCM!
IMG_6247

何かの節目のような非常に大きなイベントでもない限り、CMを打ったりApp Storeに広告を載せたりしないコロプラですが、今回白猫・白テニ合同なだけあってApp Storeの一番目立つところに広告が掲載されています!
CMも一番テレビがみられているゴールデンタイムに放送されてりしていて、コロプラが宣伝に力を入れていることがわかります!

無料アプリランキングTOP10に!
IMG_6248

正直これが一番衝撃的でした!(またスクショ忘れた・・・)
今まで数々の大イベントやコラボが行われてきましたが、私が覚えている範囲ではTOP10にまで上がって来るのは配信してすぐの頃以来だったと思います。
今回の最高は9位みたいで、進撃コラボの時は30位前後くらいだったかな?
コラボの効果は凄まじいですね・・・


さすがの七つの大罪といったところではありますが、ここまで影響があるとは思いませんでした・・・
もしかしたら今までのコラボ史上最高の貢献度かも!? 

▼メリオダス餅
IMG_6111
AS
チャージ時会心ダメージ・アクションスキル強化+50%
闇属性ダメージ+100%
魔族系へのダメージ+200%(ソードマスターのみ)
武器スキル 
敵に闇属性ダメージを与え、体力を奪う。
<付与効果>
攻撃速度UP(60秒/50%)
チャージ速度UP(60秒/50%)

ASに魔族特攻がついていますが、効果が限定的なものなので場所によっては腐ってしまうことが考えられます・・・(刺さればかなり強いですが)
また闇属性の剣士もほとんどないので、汎用性を考えると無理して入手しておく必要はないかも。

しかしメリオダスに装備させることを考えると、武器スキルで使いやすさがかなり向上し、ASによる効果で大幅火力強化されるのでかなり噛み合った性能なのかなと思います。
武器スキルでの回復が敵がいるのが前提での効果ではありますが、そこまで頻繁に回復したいキャラでもありませんしその点はそこまで気にならない気がします。


▼エリザベス餅 
IMG_6112
AS

HP80%以上でアクションスキル強化+50%、光属性ダメージ+100%
復活時間-15%
魔族系へのダメージ+200%(大魔道士のみ)
武器スキル 
敵に光属性ダメージを与える。
<付与効果>
攻撃速度UP(60秒/50%)
チャージ速度UP(60秒/50%)


こちらもASにある「復活時間短縮」と「魔族特攻」が場所と状況を選ぶようなものなので、汎用性はそこまでない気がします。
しかしこの武器自体がサポートにに適したものではあるため、限られた場所での使い道はあるかも。

モチーフとしては普通に優秀で、復活時間短縮や武器スキルの「攻撃速度UP」や「チャージ速度UP」により使い勝手の向上ができる上に、武器として初の光属性強化を持っているため火力の向上にもつながります。


▼エスカノール餅 
IMG_6113
AS

HP80%以上でチャージ時間-50%、アクションスキル強化+50%
炎属性ダメージ+100%
HP+20%
武器スキル
補助効果を付与する。
<付与効果>
移動速度UP(60秒/50%)
状態異常バリア(60秒/5回)
会心ダメージUP(60秒/50%)


AS3が完全に腐ってはいるものの、「
HP80%以上でチャージ時間短縮、アクションスキル強化」や「炎属性ダメージ+100%」武器スキルの「会心ダメージUP」などにより、多方面での火力強化が期待できます!
また斧では貴重な「状態異常バリア」を持っていて、高難易度で安定した立ち回りができそう。

ASが腐ることが多そうですが、それ以外がかなり優秀なので今回の他の武器に比べればなかなか汎用性はありそうです。
もちろんエスカノールにはかなり噛み合っているので、キャラを持っていたら交換を検討していいかも。

Twitterや攻略サイトを見ていると、今回のコラボに消極的な方が結構目について「今回のガチャはスルー」や「やった!温存できる!」などの発言をしている人がいつもより割と多く感じられました。

なので今回セルラン大丈夫か?
と結構不安を抱えていましたが、それもいい意味で裏切られました!

D57B1252-A878-42AD-B8AE-DDD036338CFD

B16094FC-FBEF-4B97-A8A2-B93E876E4683


現在は下がってしまったみたいですが、数時間前までは2位で、白テニは変わらず10位でした!

いや〜いくらキャラプレがいつもより豪華とはいえ、またまた2位まで上り詰めてくるとは最近調子がいいですね!
iPadの方では2.3位を白猫と白テニが独占していたみたいで、なんだか懐かしい並びですね。

キャラ性能も前回のガチャのように露骨なぶっ壊れがいるわけでもないですし、単純に七つの大罪の人気さ故にって部分もあると思います!

ちなみに白テニは昨日まで178位だったみたいなので、↑168位ということになります(色々すげぇ)

参考:
https://iphone.308413110.com/i/ranking/TopSalesApp/Game/










昨日の16時に追加されたため、最高火力検証は本日の10時からということになっていましたが、既に多くの報告がありますね!
昼夜でかなり火力が変わってくるみたいで、人によっては3倍以上とも・・・
この様子だと満足に白猫をプレイできる時間で、エスカノールのポテンシャルを最大限発揮する機会があまりなさそうなので、やはり多くの方にとっては土日専用キャラということになりそう・・・?


IMG_5996

▼AS

HP10%以上で即死回避、さらに自動復活発動(60秒/クエスト中1回)発生
HP99%以上で攻撃+150%、HP50%以下で攻撃+350%
憤怒の魔神効果中に攻撃・アクションスキル強化+150%、状態異常無効

スキル1
敵に闇属性ダメージを与え、極度燃焼状態にさせることがある。

<付与効果>
フルカウンター(60秒/2回)
憤怒の魔神(60秒/防御+150%、移動速度・攻撃速度+50%)

スキル2
カウンター待機状態になり、敵を引きつける。一定時間経過するか、タップすることでリベンジ・カウンターを発動する。
リベンジ・カウンターは敵に闇属性ダメージを与える。
※カウンター待機時にフルカウンターは解除される。
※カウンター待機中は敵から攻撃を受けるが、HPは1未満にならない。
※カウンター待機中に一部の状態異常になると中断される。
※リベンジ・カウンターは発動時のHPが少ないほどダメージがアップする(効果値上限900)
※カウンター待機から10秒間再使用不可



メリオダスは各所で”テクニカルなキャラ”と評価されていますね。 
それもそのはずASの効果によって「
HP50%以下で攻撃+350%」といった感じで、ベストパフォーマンスを実現するには体力を50%以下に維持しなければならないんですね。
さらに自身で回復手段を持っていないため、万が一にも立て直すことが難しいキャラのようですね。

しかしスキル1を使用した際の
憤怒の魔神の効果によって、防御+150%状態異常無効が付与され、全反撃も2回まで可能になるので、多段のダメージに気をつけていれば耐久面はそこまで不安はなさそうです。

火力に関しても高難易度相手にも十分に出るそうで、 HPの調整さえできてしまえばかなり強力なキャラクターだという風に感じました。
ただHP維持がなかなか容易ではないみたいなので、このキャラの良さを最大限に引き出すにはうまく使えるように練習する必要がありそうです・・・

このページのトップヘ