白猫プロジェクトファンBlog

白猫の最新情報や攻略情報を分かりやすくまとめていきます。

カテゴリ: 軌跡(懐かしネタなどはこちらから!)



まず初めに予告していた時期から1ヶ月ほど遅れてしまいましたことをお詫びします。
理由は動画の概要欄に書いてあります・・・

今回まとめたのはヴィヴィ登場からシャルオウガ登場までの、全盛期の先駆けとなる部分です。
このころから圧倒的にユーザーが増加し、周りの友人のほぼ全員がプレイしていたのを覚えています。
今にして思えばゲーム的には結構無茶苦茶でしたが、ユーザーの多さがそれを補って余る感じですごく楽しかったのが印象的です。
良くも悪くも今では全く新しい白猫プロジェクトに生まれ変わった今、改めて過去の時代を振り返ってみるのも面白いのではないでしょうか。



タイトルにもあります通り、新しい動画をアップしました!

今回の動画は、当ブログの記事の中でも非常に人気のあった、「過去の白猫」について解説した動画です 。
過去の白猫を振り返り、懐かしさを感じながらまとめました笑 
ここ最近UIやシステムが大きく変わったりして、忘れつつありましたが・・・
もちろん最近始めた方でも楽しめると思いますので、よければ是非閲覧お願いします! 

前回→http://www.shironeko-fanblog.cf/archives/8379645.html

ユーリエ
IMG_6273
実装直後はレーザーがスカスカなバグ等がありそこまで注目されていませんでしたが、修正がされるや否やその殲滅力と高い水属性値で一気に評価を上げ、最終的にはダグラス3でケイと肩を並べる大当たりに成り上がりました!

その後三属性の概念が追加され水属性接待が始まりましたが、そんな水属性キャラに引けを取らない水属性値で数々の属性クエストで活躍ししました。


▼神気解放テトラ
FullSizeRender
ツキミとともに白猫の一時代を築いたテトラですが、神気解放で再び脚光をあびることとなりました。

テトラの弱点だった武器無しでは自己完結できない点がリジェネ追加により改善され、脆かった防御性能も半減バフにより容易く9割カットが可能に。
さらには時代遅れになっていた火力も改善されて、ASと多段の組み合わせで再びぶっ壊れてしまいました。

そうしてツキミが微妙神気だったのに対して、テトラは白猫界のトップに君臨。
見事に下剋上を成し遂げてしまいました。
さらにその後半年間もトップの座を守り続けた、もはや白猫ぶっ壊れの代名詞といっても過言ではないキャラですね!


ルカレイン
FullSizeRender
そのビジュアルもさることながら、初のS3?が実装されたキャラで当時注目を集めました。
S3とは言っても今のものとは異なるプロトタイプの物で、現在のものがチャージしてS3を発動させる形なのに対し、ルカレインのS3はS2使用後に移動させるか否かという形のものでした。

ルカはサポート性能、レインはアタッカー性能とそれぞれ長所が異なっているものの、サポート・アタッカーとそれぞれの面で突出して優れた、オールマイティではないぶっ壊れという感じのキャラクター達でした。

特にレインは自らの防御性能を削ぎ落とした、完全捨て身のアタッカーという感じで、今までの白猫にはなかなか無かった面白い性能でした!


神気シャル
FullSizeRender
彼女もまた白猫の一時代を築いて来たキャラですが、神気解放により再びその強さを取り戻しました。

当時火力は圧倒的にレイン一強で、神気解放後のシャルロットでも流石にその火力に追いつくことはありませんでしたが、S1に通常攻撃コンボ強化やバリア2枚搭載、元々のリジェネも回復値が大幅に強化され安定性のある高火力キャラとして復活しました。

レインは超高火力を出すのに様々な条件が必要で、防御性能が他と比べて低かったのに対し、シャルロットはほぼ無条件で高火力の実現が可能でした。
ここで「超高火力な代わりに捨て身なレインか、高火力で安定性もあるシャルロットか」という差別化が図れていてなかなかいい調整だなーと当時感じていました。


▼レクト
FullSizeRender
久々に入れ替えで登場したヴァリアントのキャラクターで、打属性のヴァリアントという新たな概念を生み出しました。

実は初の炎属性キャラで、物理ダメージはもちろん属性ダメージもかなり優秀なキャラクターでした。
オーバードライブというSPの上限値を超えて回復できるというシステムが搭載され、さらにASによりオーバードライブ時に強化がされる為、いかにその状態で長く戦えるかという風なキャラクターでした。

通常攻撃が非常に強力で、一連のコンボで当時としては高火力の100万近い値を叩き出しました。

前記事白猫ぶっ壊れキャラの歴史第2弾・・・1周年後〜花嫁イベの続きです!
まだ見ていない方はこちらから見るとより楽しめると思います!


ゴン
applism_1465555637_81401

かなり唐突に発表された(紙面からの流出)まさかまさかのH×Hコラボ。
不定期掲載になりつつも根強い人気を誇り、白猫ユーザーでも名前くらいは知っている人が大半だったことでしょう。 

H×Hコラボで1番の当たりだったキャラといえばやはり主人公のゴン。
SPを100%消費し一定期間ゴンさんに変身、超強化モードになり通常攻撃もさることながらS2のぶっ飛び火力を放つ姿はまさにゴンさん。

ちなみにゴンとは別にゴンさん特有の勝利台詞がありましたが、例のルウシェの事件により協力時も勝利モーションに入る際バフや変身状態が解除されるように修正されてしまいました。
(以前は協力クエストの場合、クリア時にキャラクターにかかった効果が消されずにクリアモーションに入っていました)
Ck_WxBfUgAAeHOk

これにより間接的にゴンさんに被害が及びおそらく勝利台詞はもう2度と聞けなくなる事態に・・・ 
なんて言ってたかなぁ・・・?


ティナ・ファルファラ・ブラッド
Screenshot_2016-06-27-16-01-30-400x6361

ネオン島の100億$$$」という1億DLに先駆けて開始したイベントの入れ替えキャラたち。
もれなく全員がかなりの性能で、特にファルファラがぶっ壊れていました。

初日は「ブラッドつええええ!」と久々の男が当たりガチャ!?とも噂され、ブラッド>ティナ>ファルファラな風潮でしたが、日に日にファルファラの評価が上がっていき
最終的にはファルファラ>ティナ>ブラッドの正反対評価に。

ファルファラは多段で70万の火力を実現し、ヴィヴィを早々に産廃へと追いやりました・・・

ティナもファルファラほどではないもののかなりの強さで、そこそこの火力と防御力を兼ね備え、3属性も搭載した超万能便利キャラでした。

ブラッドは当時結構人気だったロックオンで楽々殲滅系のスキルを持ち、協力はもちろんソロでも高火力島堀機として活躍しました。


ジュダ
7566c28b08b78076d66aa5c578397689

最近イベントに引っ張りだこな彼ですが、初登場は「Soul of Knights」イベでした。

製作陣がかっこいい要素を詰め込んで誕生したキャラだけに当時からファンが多く、正直目玉っぽいディーンやカレンよりも目立っていたかもです笑

パルメエイジ以来のヴァリアントのキャラクターで武器も少ない中、まさかのモチーフよりエイジ餅の方が相性がいいという現象が発生。
エイジはそこまで強かったわけではなくモチーフを交換していた人が少なかった為、エイジ餅ジュダを持っている人はかなりの優越感に浸れたことでしょう。

性能はドレインに状態異常バリア、2回の反撃スキルで火力もあり、攻守ともに優れた当時としては文句無しの最強格のキャラでした。


神気夏カス・夏レイヴン
s_IMG_981714657


カスミはシズクと似た性能で、シズクの神気のこともあり「神気は弱いだろうなぁ」と予想されていた反面、なぜか自動反撃やリジェネ、AS超強化などシズクが可哀想になるほどのぶっ壊れっぷりの神気。
カスミ大好きの自分としてはもちろん嬉しかったが、あの時のシズク勢の悲しそうな様子は今でも忘れられない・・・

対して「さすがに今回は強くなるやろ」と神気に期待がかかっていたレイヴン。
神気前は夏剣士最強やアクーア絶対殺すマン、某Pにまで「修正してあげた方がいいかな」とも囁かれ散々な扱いをされてきた夏ヴンさん。(結局修正も神気までなかった・・・)

しかし彼は神気により本当の意味での「剣士最強」の称号を手に入れてしまい、「強いヴンさんなんてヴンさんじゃない!」などとも言われました笑
彼もロックオン系のスキルで高い殲滅力に、ダメージ発生3回毎にSP5回復というASがかみ合いSPに困ることなくスキルをブッパできました。


レナ・シオン・ハーヴェイ
CsUOiAGVUAAPT4y

こちらもトライドルに次ぐ、全員が当たりというぶっ壊れガチャ。
レナは援護攻撃の花が強く、S1さえ撃ってしまえばあとはガードしているだけでことを片付けてくれるという優秀っぷり。
9割カットも簡単でスキル火力も高く、大人のキャラを差し置いて白猫会の頂点に君臨する見た目と強さのギャップが印象的でした。

シオンはS1で使いやすさが向上し、S2で自動反撃や状態異常バリアを付与できて、スキル自体の火力も申し分なく欠点が少ないキャラでした。
1番の大きな問題だった回復できない点もモチーフ登場により改善し、評価を一気にあげました。
ちなみに「剣キャン」という言葉が使われなくなっていった要因のキャラでもあります。

ハーヴェイはSDの顔の大きさからユーザーからの愛称が「」になってしまい、なんともさえない印象が感じ取れますが、性能はかなり優秀で火力が200万を超えることで有名でした。
S1が防御を中心とした追加効果、S2で火力を増強すると言ったスキル内容で、S2の使いづらさが目立つもののうまく決まれば超高火力を実現できるキャラでした。

ちなみに3人ともモチーフ登場前はぶっ壊れというほどの性能ではありませんでしたが、モチーフが全て神器だった故に一気に評価を上げることになり、今でもシオンとハーヴェイのモチーフの優秀さは健在です。


探偵フラン
c5a5b7b30c07af2ff28fbfce5f1d495f


フランは「白猫ミステリーランド」というリアイベ連動型イベントで登場しました。
通常攻撃で移動しながらSPを貯めることが可能で、援護攻撃もある為SP回収が楽々!
さらに移動しない通常攻撃は、デンジャラスアタックなどの特殊な攻撃以外は全て無効化するという壊れっぷり。
無敵は流石にやり過ぎでは?不具合かな?」 と思いましたがどうやら仕様だったらしく、修正されることもなく協力で猛威を振るい続けました。

S1でバリアやリジェネをかけることも可能で、ASに即死回避もある為生存能力はゾンビ並み・・・
火力面でも操作可能なレーザーで相変わらずの多段ぶっ壊れ火力。 
ほっとけば勝手に追尾してくれる為便利でもありました。

この頃の弓は入れ替わりが早く、「ヴィヴィ→ファルファラ→フラン」と環境最強レベルのキャラを次々と乗り越えていきました。

覚醒絵の破壊力は抜群・・・


セツナ 
1476274937

カレンのファフナーに次ぐ、戦いを援護してくれるキャラ(式神)を召喚するキャラクター。

S1は強化型で援護攻撃を付与したり守護結界という強化モードに入ることが可能で、S2では式神を召喚し、状態異常バリアを張ることもできます。
式神召喚時は99%のダメージを式神が肩代わりしてくれるので、セツナ自身はほぼ無敵状態。
即死回避もあり、耐久に定評のあるキャラクターでした。 

もちろん式神は攻撃もしてくれる為、攻守にわたって隙がなく、セツナ自身もコンボチャージ中アクションスキル強化+200%というASを持っている為火力にも困りませんでした。

同じ斎藤千和さんの声で「ミコ」と聞くと某キャスターを連想してしまう人もいるはず笑

ちなみに有名白猫実況者のミナトさんが引退されたのもこの頃・・・

 

ということで今回はこの辺で。
インフレがすごかった時期なので思ったよりもキャラ紹介が進めなかった・・・
入れ替えが出るたびに最強が入れ替わっていた印象です。

この頃の入れ替え男子勢の、初日爆上げからの最終的には幼女に負ける流れ結構好きです笑

次回こそは求人勇者くらいまでいきたいなぁ・・・

それでは閲覧ありがとうございました!


 

本日は「しろの日」ということで歴代開催イベントの内容をまとめました!

2017年
IMG_5562

配布スタンプ

 IMG_E5564IMG_E5566IMG_E5567IMG_E5568

配布建物

IMG_5565

クエスト報酬

ジュエル×52個
虹ルーンの欠片×46個

タウンミッション

敵を46体倒そう→460,000ゴールド
敵を460体倒そう→46,000ソウル
宝箱を46個開けよう→虹のルーンの欠片×46個
クエストを46回クリアしよう(シングル/協力バトルどちらでも可)→ジュエル×46個


2016年
IMG_5560
 
クエスト報酬

ジュエル×51個
虹ルーンの欠片×46個
46,000ソウル
460,000ゴールド

2015年
IMG_5561

クエスト報酬

虹ルーンの欠片×10個
ジュエル×10個
460,000ゴールド
46,000ソウル


といった感じで年々豪華になっていますね!
今年もジュエル46個くらいは期待していいですよね?笑 

猫耳をつけたキャラが登場するのがお約束ですが今回は誰が選ばれるのか!? 

このページのトップヘ